MENU

Astroscale-EOL・ADR衛星アストロスケール-イーオーエル・エーディーアール

Astroscale-EOL・ADR衛星とは?

Astroscale[アストロスケール]-EOL・ADR衛星は、Astroscale社が開発しているスペースデブリ[宇宙ごみ]などを地球軌道から除去する衛星シリーズです。Astroscale社はスペースデブリ除去の他、宇宙空間での様々なサービスを提供するを目指す、日本の宇宙開発ベンチャー企業です。

スペースデブリとは、地球軌道上に存在する「機能停止あるいは制御不能の人工衛星」「打ち上げに使用されたロケット上段部」他、それらの破片の事をいいます。つまり人類が作り出した宇宙空間に漂うゴミです。2022年現在その数は、大きさ数十cm以上は数万個、数mm以上の物は数億個あるとされています。

なぜスペースデブリを除去するのか?それはそれらが超高速、実に時速10,800~28,000km以上のスピードで地球軌道上を飛ぶ危険物だからです。ネジ1個のデブリでも人工衛星に衝突すれば破壊され、宇宙飛行士に衝突すれば致命的な影響が出ます。但し現時点でデブリが多くあるとはいえ、広い地球軌道上では人類の宇宙進出を妨げてる程ではありません。

しかしスペースデブリは人類の宇宙進出の拡大と共に、急速に増大し続けています。このまま状況を放置すると、他の衛星・宇宙船・宇宙飛行士に衝突する惨事が続発したり、デブリが多くなりすぎて新規ロケットの打ち上げすら出来なくなるかもしれません。地球軌道上のデブリを除去する事は、人類が宇宙空間へ進出し続ける為に非常に重要な仕事です。

デブリ除去衛星は、これらのスペースデブリを捕獲し減速させ、大気圏に突入させて燃え尽きさせる事が任務です。

EOLとADR

軌道上の危険な人工物を軌道上から除去するサービスは2種類に分けられます。

EOL
人工衛星がミッション・サービスを終了後、スペースデブリ化する前に地球軌道から除去するサービス
ADR
スペースデブリ化したロケットの残骸、制御できていない人工衛星を地球軌道から除去するサービス

Astroscale社のEOL・ADR衛星一覧

ELSA-d(エルサ・ディー)
2021年03月に打ち上げられた、模擬衛星とその捕獲機で構成されるEOL(人口衛星サービス終了)技術実証衛星です。現在も運用・試験中で、模擬衛星の分離と捕獲する試験を何度か繰り返す予定です。最初の試験捕獲は成功したものの、推進システムの故障により、回転した模擬衛星の捕獲は現時点で未実施となっています。
ELSA-m(エルサ・エム)
2024年度に打ち上げ予定のELSA-dの後継衛星、EOL(人口衛星サービス終了)技術実証衛星です。複数の人工衛星を軌道上から除去するテストを行います。
ADRAS-J(アドラス・ジェー)
2022年度に打ち上げ予定のADR(スペースデブリ除去)技術実証衛星。軌道上の大型デブリを対象にした各種試験を実施します。過去に打ち上げられたH2Aロケット上段部を対象にして、接近・監視する試験を実施します。この衛星はデブリ捕獲試験を実施しません。打ち上げはニュージーランドから、エレクトロンロケットで行われます。
UPDATE:2022年6月18日

参考ページ

宇宙探査機

人工衛星

宇宙船

宇宙ステーション